1. HOME
  2. ブログ
  3. オミヅヌ|淤美豆奴神・八束水臣津野命

オミヅヌ|淤美豆奴神・八束水臣津野命

かわち@kamo_tomi_miyae

オミズヌ

古事記:淤美豆奴神おみずぬのかみ
出雲国風土記:八束水臣津野命やつかみずおみずぬのみこと

オミズヌの特徴

出雲の開闢神・島根と出雲の名づけ親

オミズヌの御神徳・御利益

年願成就・武道スポーツ上達の守り神・勝負ごとの勝利

オミズヌの系譜

父:深淵之水夜礼花神ふかふちのみずやれはなのかみ
母:天之都度閇知泥神あめのつどへちねのかみ
妻:布帝耳命ふてみみのみこと
子:赤衾伊努意保須美比古佐倭氣命あかぶすま いぬおおすみ ひこさわけのみこと
子:天之冬衣神あめのふゆきぬのかみ
孫:大国主命おおくにぬしのかみ

オミズヌにまつわる神話

くにびき神話

出雲の土地が狭いことを憂えたオミズヌは、海の向こうに見える志羅紀しらぎ(韓国)・北門佐伎きたかどのさき (隠岐島前)・北門良波 よなみ(隠岐島後)・高志こし(越)から土地を引き寄せ、国土を広げた。それぞれ、杵築の岬・狭田の国・闇見の国・三穂の岬となった。国を引いてくる際、大地に杭を打ち込み、縄を繋いだ。その時に打ち込まれた杭は三瓶山・大山となり、綱は薗の長浜と弓ヶ浜になった。

くにびき神話外伝

出雲の神社にはオミズヌのくにびき神話にまつわる外伝がたくさん残っている。

仏経山山頂より北方を眺め、国引きを決意し、国引きを終えると、富神社に鎮座した。

富神社社伝

国引きが終り、「おゑ」といって杖を立てた。これが意宇の杜である。この杖は意宇のタブ(タブノキ)といわれる。

意宇の杜 伝承

国引き後、島根半島に要石を打って歩いた。

長浜神社社伝

新羅の国に渡海するとき、速都武自和気命はやつむじわけのみことに順風を祈った。韓国から帰り旅伏山で休んだ。旅伏山の周辺には、韓国へ航海した時の帆が石になった帆筵石ほむしろいし旅伏山たぶしやま)、船が石になった岩船石(韓竈神社内)、帆が石になった帆柱石(出雲市別所町)がある。

旅伏山のある国富町の伝承

なんだかもうスサノオと混同されているような神話もありますね。

出雲と島根の名付け親

出雲国風土記の冒頭には突然こう記述されている。

島根と呼ぶ訳は、オミヅヌが名付けたからである。八雲立つ出雲とオミヅヌがおっしゃった。

出雲国風土記

オミズヌ関連スポット

長浜神社|くにびき神話の主人公 – 出雲大社の歩き方 (izumo-enmusubi.com)

伊努神社と蘆高神社|ミカツヒメ終焉の地に残るラブストーリー – 出雲大社の歩き方 (izumo-enmusubi.com)

彌久賀神社|くにびき神話の地に日本開闢の神あり? – 出雲大社の歩き方 (izumo-enmusubi.com)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに!
神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!

パワースポットとか大好きなのに
ネット検索するしか調べる術がない…

日本文化をもっと詳しく知りたい
と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。
僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!
神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!


古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!


日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!


超高速で理解する古事記

note
超高速で理解する古事記|note

神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

神社参拝に便利な御朱印帳


出雲の神社を歩くなら!
御朱印帳を持参して思い出を残しましょう!
コロナ禍でも、神社参拝ならソーシャルディスタンスを保ってひっそりと楽しめる!日本人ならではの旅行を楽しみましょう!