1. HOME
  2. ブログ
  3. ミホツヒメ|三穂津姫命・三保津姫命・弥富都比売神

ミホツヒメ|三穂津姫命・三保津姫命・弥富都比売神

ミホツヒメ

古事記:なし
日本書紀:三穂津姫
出雲風土記:なし

ミホツヒメの特徴

国譲り後のオオクニヌシの正妻

ミホツヒメの御神徳・御利益

五穀豊穣・夫婦和合・安産・子孫繁栄

ミホツヒメの系譜

父または母:高皇産霊神
夫:三穂津彦(大国主神
子:不明

ミホツヒメにまつわる神話

国譲り神話の後日談

この神様は日本書紀に登場し、オオクニヌシの正妻となられたとされています。オオクニヌシの正妻と言えば古事記ではスサノオの娘スセリヒメですが、日本書紀では国譲りを終えたオオクニヌシにタカミムスビが娘を娶るように勧めたとなっています。

地名由来神と似た名前

島根県松江市美保関には出雲風土記に謳われた地名由来神として「ミホススミ」がある。ミホツヒメも名前を読み解くと「ミホのヒメ」となる事から、地名に基づいた名前である事がわかる。日本書紀では国譲りを迫った天津神側の神として降臨するため、ミホに来たからミホツヒメということなのでしょうか・・・?

ミホツヒメ=ミシマミゾクイヒメ=タマヨリヒメ?

これは僕の仮説です。都市伝説的なやつです。美保関の伝承ではコトシロヌシは揖屋に住むミシマミゾクイヒメのもとに夜な夜な通われ、明け方になると美保にお帰りになったとされています。揖夜神社の一ツ石神幸祭は、美保神社の御祭神が揖屋神社の御祭神に逢いに来ていた事に由来するとか。現在、揖夜神社の主祭神はイザナミで、摂社にミホツヒメ。ミシマミゾクイヒメもタマヨリヒメも祀られていません。しかし、美保関灯台にある沖の御前・地の御前には御祭神がタマヨリヒメ。美保神社とその摂社にはミホツヒメ。さらにミホツヒメのお墓まであります。これは今後も追いかけていくミステリーに決定です。

ミホツヒメ関連スポット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに!
神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!

パワースポットとか大好きなのに
ネット検索するしか調べる術がない…

日本文化をもっと詳しく知りたい
と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。
僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!
神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!


古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!


日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!


超高速で理解する古事記

note
超高速で理解する古事記|note

神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

神社参拝に便利な御朱印帳


出雲の神社を歩くなら!
御朱印帳を持参して思い出を残しましょう!
コロナ禍でも、神社参拝ならソーシャルディスタンスを保ってひっそりと楽しめる!日本人ならではの旅行を楽しみましょう!