1. HOME
  2. ブログ
  3. アメノホヒ|天之菩卑能命・天穂日命・能義大神

アメノホヒ|天之菩卑能命・天穂日命・能義大神

かわち@kamo_tomi_miyae

アメノホヒ

古事記:天之菩卑能命
日本書紀:天穂日命
出雲国風土記:能義大神

アメノホヒの特徴

オオクニヌシの側近、出雲大社宮司の祖先神

アメノホヒの御利益・御神徳

国家安寧・国家繁栄

アメノホヒの系譜

母:天照大神あまてらすおおかみ
父:なし(スサノオとする見方もある)
兄:正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと
弟:天津日子根命あまつひこねのみこと
弟:活津日子根命いくつひこねのみこと
弟:熊野久須毘命くまのくすびのみこと
子:建比良鳥命たけひらとりのみこと

アメノホヒにまつわる神話

誓約によって生まれた

古事記によるとスサノオが身の潔白を証明するために、姉のアマテラスと行った誓約という儀式。アマテラスの右のみづらに巻いていた玉飾りから誕生した。つまりアマテラスの髪を結ったアクセサリーから誕生したホヒ。解釈としてはアマテラスの息子ということになっている。

出雲の国譲り交渉に派遣された

古事記によるとアマテラスの勅使としてオオクニヌシの元へ派遣されたホヒ。しかし、任務を忘れオオクニヌシの側近として遣えることになったため、アマテラスとは音信不通に。。裏切りの一面が垣間見えるが、見方を変えれば大儀の為には大胆な行動を取れる神様。

神魂神社を創始

神魂かもす神社の社伝によると、国譲り交渉の最終局面(タケミカヅチが降臨した際)、ホヒはオオクニヌシに国譲りするほかないと進言。オオクニヌシが政治の表舞台から姿を消すと、ホヒは大庭の地に降り神魂神社において出雲大神祭祀を継続した。以後25代に渡って神魂神社で過ごしたという。

出雲国造としての系譜

アメノホヒの子孫は出雲国造という政治・祭祀の長となり、オオクニヌシ無き出雲国において強大な実権を持った。アメノホヒを創始祖として、現代の出雲大社宮司「千家」の御家に至るまで84代続いている。所説あるが、代表的な系譜をまとめた。

初代(始祖):天穂日命あめのほひのみこと
 神魂神社を創始し、出雲大神祭祀を開始した。

2代目:武夷鳥命たけひなとりのみこと

11代目:阿多命 
 日本書紀に登場する出雲振根いずものふるねと同一視されている。崇神すじん天皇に出雲の神宝を献上するかどうかで弟の飯入根いいいりねと揉めた。弟を殺したフルネは崇神天皇の命により吉備津彦に誅殺された。※日本書紀による

12代目:宇迦都久怒うかつくぬ
 先代の時に失った信用を取り戻すため、出雲の神宝を崇神天皇に献上し、初代出雲国造に任命された。※先代旧事本紀による

13代目:襲髄命かねすねのみこと
 日本書紀に登場する野見宿祢と同一視されている。相撲の始祖、土師部の始祖である。また、野見宿祢から生じた家系には菅原道真や毛利元就がある。

14代目:来日田維穂命
 古事記の垂仁天皇の条に登場する岐比佐都美きひさつみと同一視されている。神名火山の麓(曽枳能夜神社)において出雲大神の祭祀を行っていた彼は、言葉の離せないホムチワケ皇子をおもてなししている最中、皇子は突如として言葉が話せるようになった。

17代目:出雲宮向
 允恭天皇元年(412年)に出雲の姓を賜った。

25代目:出雲広島
 出雲国風土記を編纂した。

31代目:出雲千国
 朝廷に参向し、出雲神賀詞いずもかむよごとを奏上するようになった。

54代目:出雲清孝
 南北朝時代の1343年に逝去した後、国造職を巡って息子2人が対立。これ以降、千家と北島に分裂した。

アメノホヒ関連スポット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに!
神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!

パワースポットとか大好きなのに
ネット検索するしか調べる術がない…

日本文化をもっと詳しく知りたい
と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。
僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!
神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!


古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!


日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!


超高速で理解する古事記

note
超高速で理解する古事記|note

神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

神社参拝に便利な御朱印帳


出雲の神社を歩くなら!
御朱印帳を持参して思い出を残しましょう!
コロナ禍でも、神社参拝ならソーシャルディスタンスを保ってひっそりと楽しめる!日本人ならではの旅行を楽しみましょう!