1. HOME
  2. ブログ
  3. 仏経山|東側登山ルート

仏経山|東側登山ルート

出雲地方に存在する四大カンナビの一つ仏経山。登山ルートは3つありますが、初心者に最もおすすめの東側ルートについてご説明します。このルートでは↑の写真のような素晴らしい眺望が拝めます。

そして初心者にも手軽に登れるコースとなっていますので、ぜひトライしてみてください。

東側登山ルート概要

駐車場:あり
登山時間:約40分
上った高さ:304m
歩いた距離:1.65km
※すべて登り片道のデータです

登山道の紹介

登山用駐車場に車を止めると、高速道路の上を渡る橋が見えます。これを越えて歩いていくと

民家の横を入っていきます。ぱっと見、私有地に入っていくような感覚がありますが、歩を進めていくと・・・

どんどん竹林に入っていきます。もう気を引き締めて行かねばなりませんね。

ちゃんと登山道であることも確認できました。

各所に磐座が点在し、神聖な山であることが分かります。失礼のないように登りましょう。

祇園神社と書かれた神籬が鎮座しています。
この山の麓にある祇園神社の末社か元宮といったところだろうか?

神籬の名残と思われる木がほかにもあった。やはりここは出雲王たちの眠る山なのだろう。

木漏れ日も何か意味のある光景のようで、不思議と立ち尽くしてしまう。

しばらく進むと分岐点に着いた。ここからまっすぐ南へ行くと鞍掛山に登っていく。右へ曲がると仏経山の頂上へと登っていく。当然ですが、ここを右へ折れましょう。

しばらく行くと竜岩と呼ばれる巨石が鎮座しています。古代の出雲人は龍神を信仰したという。ここで手を合わせて祈り、さらに歩を進めます。

最後は急こう配となっており、木々に結ばれたロープを頼りに登っていきます。ロープを張ってくれた先人に感謝。

そしていよいよ頂上広場に・・・

江戸時代から突如として現れたという石碑。
東面には「南無妙法蓮華経」
他の三面には天下泰平 国家安全 五穀成就 万民快楽 餓死之諸霊 抜苦与楽 乃至法界 平等利益 後五百歳中 広宣流布 と書かれています。

一説にはかつて洪水を繰り返した斐伊川を治める為、松江藩が行った治水事業すなわち新川工事の後に、洪水で亡くなった無縁仏の為に建てられたのではないかとされています。江戸時代の当時、村人は知らぬ間に建てられていたのだと伝えられています。

斐川町~宍道湖が一望できる絶景スポットですね。

何やら北側に降りていくルートがあるのですが、今回は遠慮しときました。

南側にも降りるルートがありましたが、これも次回トライしてみます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに!
神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!

パワースポットとか大好きなのに
ネット検索するしか調べる術がない…

日本文化をもっと詳しく知りたい
と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。
僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!
神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!


古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!


日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!


超高速で理解する古事記

note
超高速で理解する古事記|note

神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

神社参拝に便利な御朱印帳


出雲の神社を歩くなら!
御朱印帳を持参して思い出を残しましょう!
コロナ禍でも、神社参拝ならソーシャルディスタンスを保ってひっそりと楽しめる!日本人ならではの旅行を楽しみましょう!