1. HOME
  2. ブログ
  3. アマテラス|天照大御神・大日孁貴神・天照皇大神

アマテラス|天照大御神・大日孁貴神・天照皇大神

かわち@kamo_tomi_miyae

アマテラス

古事記:天照大御神あまてらすおおみかみ
日本書紀:天照大神あまてらすおおかみ
伊勢神宮:天照皇大神あまてらすすめらおおかみ
他の神社:大日孁貴神おおひるめむちのかみ

アマテラスの特徴

天皇家の氏神、日本人の総氏神、太陽神、機織神、農業神

アマテラスの御利益・御神徳

太陽の活動に関わる事(五穀豊穣、日本の昼と夜を支配)

日本の総氏神としての力(日本人の安寧、世界平和)

アマテラスの系譜

古事記に見るアマテラスの系譜

父:伊弉諾尊いざなぎのみこと
母:なし
兄:月読尊つくよみのみこと
弟:素戔嗚尊すさのおのみこと
子:正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと
子:天之菩卑能命あめのほひのみこと
子:天津日子根命あまつひこねのみこと
子:活津日子根命いくつひこねのみこと
子:熊野久須毘命くまのくすびのみこと
孫:天津彦彦火瓊瓊杵尊あまつひこひこほのににぎのみこと

日本書紀に見るアマテラスの系譜

父:伊弉諾尊いざなぎのみこと
母:伊弉冉尊いざなみのみこと
兄:月読尊つくよみのみこと
弟:素戔嗚尊すさのおのみこと
子:正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと
子:天之菩卑能命あめのほひのみこと
子:天津日子根命あまつひこねのみこと
子:活津日子根命いくつひこねのみこと
子:熊野久須毘命くまのくすびのみこと
孫:天津彦彦火瓊瓊杵尊あまつひこひこほのににぎのみこと

アマテラスにまつわる神話

誕生神話

アマテラスの誕生は古事記と日本書紀で違う。古事記では亡くなった妻を追って黄泉の国へ旅立ったイザナギは、その帰り道で黄泉の国の穢れを落とすために禊を行った。禊の最後でイザナギが左目を洗った時に誕生したのがアマテラスであった。

日本書紀ではイザナギ・イザナミが仲睦まじく神生みを行った最後の過程において、天界を治める偉大な神様を生み出そうと言って誕生させた事になっている。どちらの神話でも、アマテラス・ツクヨミ・スサノオは三貴子として最も尊い存在になっている。

スサノオとの誓約

根の国へ行く前に姉アマテラスに挨拶をと、高天原に現れたスサノオ。その御神徳からスサノオが歩いた場所には激しい嵐が吹き荒れた。高天原ではスサノオが攻めてきたと大騒ぎに。アマテラスは完全武装してスサノオと対峙します。

身の潔白を示すためスサノオは「誓約うけいというまじない事をして思い通りの結果が出たら、私が真実を言っていると信じて欲しい」と嘆願します。それはお互いの持ち物から神様を産みだし、その神様の神格によって判断するというもの。

アマテラスはスサノオの持っていた十挙剣とつかのつるぎを三段に打ち折り、勾玉まがたまをゆらゆらと揺らしながら天之真名井あめのまないの水ですすぎ、噛みに噛んで噴出した息からは清らかな女神が生まれました。多紀理毘売命たきりびめのみこと市寸島比売命いちきしまひめのみこと多岐都比売命たきつひめのみことの三女神(宗像むなかた三女神)の誕生です。

同じ手順でスサノオはアマテラスの髪に巻いてあった勾玉から生み出したのは五柱の男神でした。スサノオの持ち物から清らかな女神が生まれたことで、身の潔白が証明されたのでした。

岩戸隠れ神話とスサノオの追放

誓約によって身の潔白を証明したスサノオはさまざまなイタズラを繰り返します。最初はスサノオの振舞をかばっていたアマテラスでしたが、ついに堪忍袋の緒が切れ、岩戸に隠れてしまうのでした。アマテラスが隠れてしまった世界は闇に包まれ、様々な良くないことが発生。神々は力を合わせてこの事態を収拾しましたが、スサノオの責任は重く、ついには高天原から追放されることとなりました。

国譲り神話

スサノオが出雲の地に降りてヤマタノオロチを退治してからというもの、出雲国はその子孫であるオオクニヌシが統治していた。そんなある日オオクニヌシの元に、アマテラスから使いがやってきます。最初は息子のアメノホヒ、次に天津国玉神の息子のアメノワカヒコ。それは「出雲の地は元々、アマテラスの子孫が統治するべき場所である」という要求でした。

しかし送り込まれた2度の使いも、ことごとくオオクニヌシのファンになってしまい、アマテラスの元には帰りませんでした。最後の手段に出たアマテラスは、最強の武神、タケミカヅチを派遣します。ついに国を譲ることになったオオクニヌシは、交換条件として出雲大社の建立を願い出たのでした。そして二度と政治の場には登場せず、幽世の神(かくりよのかみ)となったのでした。

天孫降臨と三大神勅

国譲りの交渉が完結し、ついにアマテラスの孫ニニギが地上に降臨することとなりました。アマテラスは沢山の使いと三種の神器、稲穂をニニギに渡し、神勅を授けるのでした。古事記ではお供した神様と三種の神器に加え簡単な指図にとどまっているのに対し、日本書紀では非常に重い神勅として書かれています。

この三大神勅は天皇家の在り方、倫理観について説いていると言えます。つまり、ちゃんと国民が飢えないように農業を守り、毎日自分の顔を見つめ戒めを忘れず、国が栄え続けるように努めなさいと説いているのです。

天壌無窮てんじょうむきゅうの神勅

葦原千五百秋瑞穂とよあしはらのちいほあきのみずほの国は、是、吾が子孫の王たるべき地なり。爾皇孫いましすめみまゆきいでましてらせ。行矣さきくませ宝祚あまつひつぎさかええまさむこと、当に天壌あめつちきわまり無けむ。

要約:この地上は私の子孫が統治するべき土地だ。さあお行きなさい、その土地はお前が王である限り永遠に栄える事でしょう。

宝鏡奉斎ほうきょうほうさいの神勅

吾が児、此の宝鏡を視まさむこと、当に吾を視るがごとくすべし。与に床を同くし殿を共にして、いつきの鏡となすべし。

要約:この八咫鏡を私だと思って大事に祀りなさい

斎庭稲穂ゆにわいなほの神勅

吾が高天原に所御きこしめす斎庭の穂を以て、亦吾またわが児にまかせまつるべし。

要約:この高天原に実る稲穂を我が子に授けることにしよう

五大神勅

ニニギに授けた神勅とは別に、ニニギに同伴した臣下であるアメノコヤネとフトダマには別の神勅を下していたのです。それが下記の2つの神勅であり、前の3つと合わせて五大神勅と呼ばれています。これも日本書紀由来の神話。

侍殿防護じでんぼうごの神勅

願はくは、いまし二神、また同じく殿みあらかの内にさぶらひて、善く防ぎ護ることをなせ。

要約:あなた方二柱の神はニニギの側に、同じ建物に居てしっかりと支えなさい

神籬磐境ひもろぎいわさかの神勅

吾は則ち天津神籬あまつひもろぎまたは天津磐境あまついわさかを起樹てて、まさに吾孫すめみま御為みためいわひ奉らむ。汝、天児屋命・太玉命、宜しく天津神籬を持ちて、葦原中国に降りて、また吾孫の御為に齋ひ奉れと。

要約:私は高天原から神籬・磐座を作って孫のために祈りましょう。あなた方二柱の神は地上に降りて神籬や磐座を作り、孫のために祈りなさい。

アマテラス関連スポット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに!
神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!

パワースポットとか大好きなのに
ネット検索するしか調べる術がない…

日本文化をもっと詳しく知りたい
と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。
僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!
神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!


古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!


日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!


超高速で理解する古事記

note
超高速で理解する古事記|note

神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

神社参拝に便利な御朱印帳


出雲の神社を歩くなら!
御朱印帳を持参して思い出を残しましょう!
コロナ禍でも、神社参拝ならソーシャルディスタンスを保ってひっそりと楽しめる!日本人ならではの旅行を楽しみましょう!