1. HOME
  2. ブログ
  3. アダカヤヌシタキキヒメ|阿陀加夜奴志多岐喜比売命

アダカヤヌシタキキヒメ|阿陀加夜奴志多岐喜比売命

アダカヤヌシタキキヒメ

古事記・日本書紀:記載なし
出雲国風土記:阿陀加夜奴志多岐喜比売命

アダカヤヌシタキキヒメの特徴

慈愛の神、意志の強さ

アダカヤヌシタキキヒメの御神徳・御利益

災い除け、嵐を止める、五穀豊穣

アダカヤヌシタキキヒメの系譜

出雲国風土記に記載の系譜

父:所造天下大神あめのしたつくらししおおかみ(大国主命)
母:記載なし
夫:記載なし

阿陀萱神社に記載の系譜

父:大国主命おおくにぬしのみこと
母:八上姫やがみひめ
子:木俣神このまたのかみ御井神)みいのかみ

市森神社に記載の系譜

父:大国主命おおくにぬしのみこと
母:真玉着玉之邑日女またまつくたまのむらひめ
子:記載なし

アダカヤヌシにまつわる神話

多伎町の地名由来神話

所造天下大神の御子、阿陀加夜努志多伎多伎吉比売命あだかやぬしたききひめが鎮座していらっしゃった。だから、多吉たきという。※神亀三年に字を多伎と改めた。

引用:出雲国風土記 神門郡

アダカヤヌシとは阿陀加夜神社のご祭神だからであり、タキから来たという意味の御神名になっていると考えられている。

手引ヶ浦神話

オオクニヌシの娘であるタキキヒメは、父の言いつけによって多吉里たきりに住まわれた。そしてタキキヒメと呼ばれた。慈愛に満ち、聡明であったタキキヒメは災いを退け、田畑を実らせ、村人から崇敬された。

ある日、父から呼ばれ杵築の宮(出雲大社)へ向かう為に手引ヶ浦を訪れたタキキヒメ。これを見た海人は姫と離れるのを嫌い、津波を起こして足止めをしようとしたが、タキキヒメは沖の海神に向かってこう叫ばれた。「潮よ引け!道よ開かせ給え!」すると荒れ狂う波はあっという間に静まり、タキキヒメはお供の者たちの手を引いて、真一文字に稲佐の浜へ向かって進まれた。この神話から手引ヶ浦という名前が付いたそうである。

アダカヤヌシ関連スポット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事