1. HOME
  2. ブログ
  3. クナト|岐神・久那土神・衝立船戸神・塞の神・道俣神

クナト|岐神・久那土神・衝立船戸神・塞の神・道俣神

クナト

古事記:道俣神・猿田彦と同一視
日本書紀:岐神
各地の祭事:道祖神・サイノカミ

クナトの特徴

たくさんの別名を持つ謎の神、道案内の神

クナトの御利益・御神徳

念願成就・目標達成

クナトの系譜

父:謎
母:謎
妻:謎
子:謎

クナトにまつわる神話

記紀に見るクナト

古事記においてはイザナギが黄泉の国から帰ってきたとき、脱ぎ捨てた褌から発生した道俣神(ちまたのかみ)であるとか。日本書紀においては、イザナギが黄泉の国から脱出する際に「これ以上は来るな」と言って投げた杖から発生した来名戸祖神(くなとのさえのかみ)であるとか。

これらを踏まえて道祖神の原形になったのだとか。さらに天孫降臨で登場する道案内の神様「サルタヒコ」とも習合しています。つまり道案内に関するお話は全てこのクナトに通じているのです。ちなみにサルタヒコは出雲では「佐太の大神」と呼ばれ、クナトとは別の神として扱われているように見受けられます。

クナトと向家文書

クナトに関する衝撃的な告白をした本があります。

斎木雲州著の「出雲と蘇我王国」です。この書の中ではクナトは出雲の祖神であり、大国主命が治めるずっと前に出雲を築いた神様であるとしています。

クナトの子孫が大国主命であり、スサノオは大国主命の時代に大陸から渡来してきた神だとしています。さらにクナトのルーツはインドであり、シベリアから北海道を経由して出雲の地に移住したなど、衝撃的な内容となっています。ここまでくると信憑性を疑いたくなるような内容なのですが、出雲の神社を回っていると不思議と符合する部分もあり、全てが嘘とも言い難いものがあります。

この出雲井社を訪れる方の多くがこの書を片手にお越しになっているのではないでしょうか?ご関心のある方は読んでみてください。

この本によるとサルタヒコとはクナトの御子であり、別の神であるという事が示されています。

歴史から消えたクナトを考察する

古事記や日本書紀などは国の公式見解ともいえるストーリーです。その話に反する神話というのは奈良時代にはタブーともいえるものでした。と言うのも、記紀が編纂されたのは天武天皇の御代。

天武天皇が即位する前はひどい時代でした。壬申の乱をはじめとした、皇族同士での殺し合いが横行し、豪族たちは利権をめぐって激しく争う構図となりました。皇族も地方豪族も「かつてはいい待遇だった」とか「由緒ある血筋だ」などと主張し、一つにまとまりません。

ここまでの歴史をまとめておこうという提案がなされたわけです。つまり、皆が納得するストーリーを編み出しましょうということです。由緒ある血筋であることを証明したい者、これを機に有名に成りたい者、、色々な人がいたでしょう。しかし、こうした政治的にまとめる行為がなければ、これまでの血統や文化、外交、政治、経済は一旦リセットされるような時代になっていたかもしれません。クナトもこの記紀編纂によって、様々な神様と習合することになりました。そしてそのルーツが何なのか、だれも分からなくなってしまったのは事実です。

クナト関連スポット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事