地属性の神社・地属性の神様

地属性の神社

  • 塩冶神社|地名由来神エンヤビコと長い参道

    塩冶神社|地名由来神エンヤビコと長い参道

    出雲風土記に「ヤムヤのヤシロ」と記載される塩冶神社。現在の読み方ではエンヤ、中世の読み方はヤムヤ。そこにどんな謂れがあるのか気になっていたのですが、天気も良かったので神社参拝と合わせて塩冶の町並みを探索してきましたので、 […]


  • 能義神社|出雲四大神の能義大神

    能義神社|出雲四大神の能義大神

    安来市能義町に鎮座する能義神社。このお社には国譲り神話に関わった神様が祀られているのですが、とても偉大な神様とされているのです。どれくらい偉大なのか、出雲国風土記に書かれたその記述もご紹介していきますね。 能義神社の御祭 […]


  • 大屋姫命神社|植林を伝えたスサノオの娘

    大屋姫命神社|植林を伝えたスサノオの娘

    島根県大田市にある神社。この辺りは大屋町といい、大字も大屋。まさに地名由来となっていそうな神社がこの大屋姫命神社なのです。古事記や風土記にも記載のない神社なのですが、この神社周辺には色々と面白いストーリーがあるのです。 […]


  • 彌久賀神社|くにびき神話の地に日本開闢の神あり?

    彌久賀神社|くにびき神話の地に日本開闢の神あり?

    神西湖のほとりに鎮座する古社、彌久賀みくが神社。その歴史は古く、奈良時代に書かれた出雲国風土記にはその存在が見えます。しかも出雲では中々珍しい神様を祀っているのですが、そのルーツとは!? 彌久賀神社の御祭神 天之御中主大 […]


  • 長浜神社|くにびき神話の主人公

    長浜神社|くにびき神話の主人公

    出雲大社から南へ約9㎞の地点に鎮座する長浜ながはま神社。出雲国風土記には薗の長浜と記載されている名残が現代の地名、出雲市西園町長浜に見えます。ここにはなんと出雲の国を開闢した神が祀られており、しかもその神は「出雲」という […]


  • 屋風呂神社|カミムスビの御子ヤヒロホコを祀る

    屋風呂神社|カミムスビの御子ヤヒロホコを祀る

    松江市宍道町東来待にある屋風呂やふろ神社。お名前的に温泉的な雰囲気が漂う感じですが、実はここには出雲国風土記のみに登場する神様が祀られているのです。民家の中にひっそりと佇む神社に、なぜこの神様が!? 屋風呂神社の御祭神 […]


  • 生馬神社|東生馬に鎮座するカミムスビの御子神とは

    生馬神社|東生馬に鎮座するカミムスビの御子神とは

    松江市の東生馬に鎮座する生馬神社。出雲風土記に記載のある由緒ある神社です。出雲國二宮の佐太神社から程近いこの地には、どんなストーリーが残っているのでしょうか?早速ご紹介していきますね。 生馬神社のご祭神 八尋鉾長依日子命 […]


  • 直江都牟自神社|コモマクラシツヌチを祀るもう1つのつむじ社

    直江都牟自神社|コモマクラシツヌチを祀るもう1つのつむじ社

    出雲風土記に記載された都牟自つむじ社は斐川町に2つあるのですが、そのうちの1つがここ直江にあり、もう一つは福富ふくどみの都牟自神社です。まるでつむじ風を思わせるような名前ですが、奈良時代にはこの辺り一帯を漆治郷しつじのさ […]


  • 都牟自神社|奈良時代の地形を伝える神社に祀られた神名火山に坐す神?

    都牟自神社|奈良時代の地形を伝える神社に祀られた神名火山に坐す神?

    出雲風土記に記載された都牟自つむじ社は斐川町に2つあるのですが、そのうちの1つがここ福富ふくどみの都牟自神社です。まるでつむじ風を思わせるような名前ですが、奈良時代にはこの辺り一帯を漆治郷しつじのさとと呼び、この辺りが湿 […]


  • 伊努神社と蘆高神社|ミカツヒメ終焉の地に残るラブストーリー

    伊努神社と蘆高神社|ミカツヒメ終焉の地に残るラブストーリー

    出雲風土記に登場するイヌ社。のどかな田園風景の中に鎮座する神様について調べてみると、かつて巨大な勢力を築いたと思われる神様が祀られています。   伊努神社のご由緒 ご祭神 天甕津日女命あめのみかつひめのみこと […]


地属性の神様

  • クナト|岐神・久那土神・衝立船戸神・塞の神・道俣神

    クナト|岐神・久那土神・衝立船戸神・塞の神・道俣神

    クナト 古事記:道俣神・猿田彦と同一視日本書紀:岐神各地の祭事:道祖神・サイノカミ クナトの特徴 たくさんの別名を持つ謎の神、道案内の神 クナトの御利益・御神徳 念願成就・目標達成 クナトの系譜 父:謎母:謎妻:謎子:謎 […]


  • ヌナカワヒメ|沼河比売・奴奈宜波比売命

    ヌナカワヒメ|沼河比売・奴奈宜波比売命

    ヌナカワヒメ 古事記:沼河比売日本書紀:登場しない出雲国風土記:奴奈宜波比売命 ヌナカワヒメの特徴 恋の歌名人・おあずけ姫 ヌナカワヒメの御利益・御神徳 子宝安産 ヌナカワヒメの系譜 父:俾都久辰為命へつくしいのみこと母 […]


  • アメノホヒ|天之菩卑能命・天穂日命・能義大神

    アメノホヒ|天之菩卑能命・天穂日命・能義大神

    アメノホヒ 古事記:天之菩卑能命日本書紀:天穂日命出雲国風土記:能義大神 アメノホヒの特徴 オオクニヌシの側近、出雲大社宮司の祖先神 アメノホヒの御利益・御神徳 国家安寧・国家繁栄 アメノホヒの系譜 母:天照大神あまてら […]


  • イソタケル|五十猛 ・射楯大神・大屋毘古神

    イソタケル|五十猛 ・射楯大神・大屋毘古神

    イソタケル 古事記:大屋毘古神と同一視する説あり日本書紀:五十猛出雲風土記:なし神社由緒などに見える別名:射楯いたて大神 イソタケルの特徴 植林の神 イソタケルの御神徳・御利益 農業・林業・建築・造船など木の関わる商売の […]


  • タカテルヒメ|高照姫命・高照光姫大神・加夜奈留美命

    タカテルヒメ|高照姫命・高照光姫大神・加夜奈留美命

    タカテルヒメ 古事記:記載なし日本書紀:記載なし先代旧事本紀:高照光姫大神命大神分身類社鈔:加夜奈留美命 タカテルヒメの特徴 シタテルヒメと混同!?謎に包まれた女神 タカテルヒメの御神徳・御利益 五穀豊穣、家内安全、事業 […]


  • ヤヒロホコナガヨリヒコ|八尋鉾長依日子命

    ヤヒロホコナガヨリヒコ|八尋鉾長依日子命

    ヤヒロホコナガヨリヒコ 出雲国風土記:八尋鉾長依日子命 ヤヒロホコナガヨリヒコの特徴 松江市生馬町の名前由来、子育ての神 ヤヒロホコナガヨリヒコの御神徳・御利益 子供のしつけ ヤヒロホコナガヨリヒコの系譜 父:神魂母:不 […]


  • オミヅヌ|淤美豆奴神・八束水臣津野命

    オミヅヌ|淤美豆奴神・八束水臣津野命

    オミズヌ 古事記:淤美豆奴神おみずぬのかみ出雲国風土記:八束水臣津野命やつかみずおみずぬのみこと オミズヌの特徴 出雲の開闢神・島根と出雲の名づけ親 オミズヌの御神徳・御利益 年願成就・武道スポーツ上達の守り神・勝負ごと […]


  • アマツキチカミタカヒコ|天津枳値可美高日子命 ・ 薦枕志都沼値

    アマツキチカミタカヒコ|天津枳値可美高日子命 ・ 薦枕志都沼値

    アマツキチカミタカヒコ 古事記・日本書紀:なし 出雲風土記:天津枳値可美高日子命、薦枕志都沼値 アマツキチカミタカヒコの特徴 由緒ある家系の皇子・郷土開拓の祖神で農業の祖神 アマツキチカミタカヒコの御利益・御神徳 五穀豊 […]


  • アヤトヒメ|綾門日女命

    アヤトヒメ|綾門日女命

    アヤトヒメ 古事記:なし 日本書紀:なし 出雲風土記:綾門日女命 アヤトヒメの特徴 由緒正しき生まれ、見染めるも見染められるも命がけ アヤトヒメの御利益・御神徳 恋愛成就 アヤトヒメの系譜 出雲風土記に見える系譜 父:神 […]


  • ハヤサスラヒメ|速佐須良比売 ・ 祓戸四大神

    ハヤサスラヒメ|速佐須良比売 ・ 祓戸四大神

    ハヤサスラヒメ 古事記:なし 日本書紀:なし 出雲風土記:なし ハヤサスラヒメの特徴 祝詞の大祓詞に登場するのみで、古事記や日本書紀にも見えない謎の神。 各地の神社や伝承にも情報が少ない。 ハヤサスラヒメの御神徳 祓え清 […]


神社属性サーチ

  あなたと相性のいい神社を調べる事ができます。生年月日と血液型を選ぶだけで、自分の属性が分かります。自分と同じ属性の神社、または自分の属性と相性のいい属性の神社を知る事で、もっと神社参拝が楽しくなります!

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに! 神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない! パワースポットとか大好きなのに ネット検索するしか調べる術がない… 日本文化をもっと詳しく知りたい と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…   などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります! でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も! 神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note
神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

神社参拝に便利な御朱印帳

出雲の神社を歩くなら!
御朱印帳を持参して思い出を残しましょう!
コロナ禍でも、神社参拝ならソーシャルディスタンスを保ってひっそりと楽しめる!日本人ならではの旅行を楽しみましょう!